- INAHO store & place -
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< この秋は | main | 店頭プチリニューアル >>
硫黄岳@南八ヶ岳
今年2度目の登山、ソロで行ってきました。目指すは硫黄岳。27日日曜日の朝早く、今回の登山のスタートとなる桜平まで車で行き駐車、登山靴に履きかえて早速スタートです。


今回もテント泊なのでずっしりと重いバックパックが早々に負荷をかけてきます。テント設営予定地のオーレン小屋まで約1時間半、なんとか担ぎ上げればそこで荷物を減らすことができるのでガマンガマン。


夏沢扇滝


綺麗に色づいてきた山々を眺めながら途中夏沢鉱泉で小休止しつつなんとかオーレン小屋到着です。受付を済ませ早速今夜の宿を作ります。ここはスノコが点在しているので早い者順で使えます、こんな感じ。


荷物を減らし早速硫黄岳に向けて出発しました。



しばらく行くと夏沢峠、視界が一気に開けるんですが、あいにくの霧で硫黄岳や根石岳を眺めることはかないませんでした。


さて、いよいよ硫黄岳山頂目指して登頂開始です、がいきなり危なっかしい赤土の崩壊地に出くわします。


お約束、1m下がって崖下を撮影。写真ではよくわかりませんが本当に吸い込まれそうです。


気を取り直しまた登り始めます。


振り返れば夏沢峠の小屋がもうこんな小さくなっていました。


森林限界を越えるとハイマツと岩礫の急斜面になり、頂上はもうすぐだというのになかなか足が進まなくなります、そして寒い。


やっとのことで山頂へ、360度の眺望が開けるはずがガンガンに霧で何も見えないうえに寒い寒い、こんな状態です。


12時を過ぎていたのでブルブルふるえながらパンをかじり、早々に下山開始です。
赤岩の頭を経由する最短ルートを選択。赤岩の頭から硫黄岳を振り返ると僅かに霧の隙間から横岳に続く稜線が見えました。



赤岩の頭、足下1m手前より撮影、落ちたら戻れません。


またまた気を取り直して下山開始です。


小1時間ほどでテン場に到着です、なんとか無事帰還!


ええっ!! クマだ!!!


すみません、ウソです。

え〜っと、一人で特にすることもないので夜はブルブルと寒さに耐えながらながらひたすら寝ました。


今回のルート。

桜平ー夏沢鉱泉ーオーレン小屋ー夏沢峠ー硫黄岳ー赤岩の頭ーオーレン小屋(テント泊)ー夏沢鉱泉ー桜平



スポンサーサイト
硫黄岳って小学生の頃に登ったような記憶が…
天狗岳には、小学校入学前から毎年行ってたような…

うちの夏休みは海では無くて、山でした。
嫌々登山だったので、記憶があいまいです…。

今となっては、懐かしいのですが。
tomo | 2009/09/30 19:10
tomo chan,

小学校前から毎年登山とはスゴイね、そりゃいやんなっちゃうよね。

オトナの山もいいと思います。
seiji | 2009/10/02 15:10
COMMENT









Trackback URL
http://fukasawastyle.jugem.jp/trackback/52
TRACKBACK